ホーム > 事業承継・相続> 診療所の出口戦略が、まだ決まっていない。

診療所の出口戦略が、まだ決まっていない。

子供たちは医者にならなかったので、将来の出口戦略を考えておく必要があります。しかし、まだ第三者承継がよいのか、生涯診察を続けるのか、決めかねています。

診察・財産・経営の出口を考えることでは。

承継するにせよ、閉院するにせよ、出口戦略とは、診察・財産・経営の出口を考えることだということに変わりはないでしょう。

このうち、診察(患者さん)をどうするか、経営(スタッフ)を・・・
続きを読む
「本サイトは、専門家であればどのような判断をするのか、主観的にアドバイスを差し上げるものです。経営の判断は、個別の事情や背景を参酌する必要がありますので、実行に当たっては専門家にご相談の上、ご自身の責任でご判断をお願いします。万一損害を蒙られたとしても、利用規約により一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。」

2

この質問の回答

医業経営コンサルタント 田村弘道(たむら ひろみち)

診療所経営・ライフプラン

開業医の先生方の人生の各ステージ(開業準備期、創業期、成長期、成熟期、承継期)において、私たちのアドバイスがご参考になれば幸いです。