ホーム > 法務・行政手続> 借入限度額についての、議事録を求められている。

借入限度額についての、議事録を求められている。

いままで取引のなかった銀行から、金利の見直し提案を受けました。決算書や申告書だけでなく、最近になって、借入限度額について、医療法人の議事録を出してほしいと言われました。
電話口で言われたのでよく分からなかったのですが、議事録というと、社員総会や理事会があると思います。
設立時に、そのような議事録を作成した憶えはありません。設立当時の社員・理事の中には、すでに亡くなっており、印鑑を頂けない方もありますが、どうすればいいのでしょうか。

社員総会の議事録を提出することになるでしょう。

医療法人の定款をご確認いただくと、重要な事項の決定は社員総会の決議事項となっているかと思います。借入限度額の決定は、正に法人にとっての重要事項であると考えられますので、社員総会で決議・・・
続きを読む
「本サイトは、専門家であればどのような判断をするのか、主観的にアドバイスを差し上げるものです。経営の判断は、個別の事情や背景を参酌する必要がありますので、実行に当たっては専門家にご相談の上、ご自身の責任でご判断をお願いします。万一損害を蒙られたとしても、利用規約により一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。」

9

この質問の回答

司法書士 岩松満州男(いわまつ ますお)

法令・登記業務等(近畿合同司法書士事務所)

事業を適法に行うためには、契約や商業登記、行政手続きなど法令業務は避けて通れません。日常生活の中でも、不動産登記・遺言書の作成など、法的な手続きが数多く発生します。適法であるかどうかだけでなく、スケジュールがスムーズに、また関係者の方がハッピーになることを願って、アドバイスをさせて頂きます。